日経メディカル開発
menu
MENU
Web Medi-PR
メディPR
各種刊行物のご案内
日経メディカルCancerReview
日経CME
カスタム出版のご案内

各種刊行物

病院再編・統合ハンドブック 第2版
〜破綻回避と機能拡充の処方箋〜地域医療連携推進法人と新公立病院改革ガイドライン

病院再編・統合ハンドブック
発行日
2017年2月13日発行
定価
本体4,000円+税
日経メディカル開発/東日本税理士法人
判型
B5判、256 ページ
ISBN
978-4-931400-80-1

【発行日変更のお知らせ】
地域医療連携推進法人の関連政省令公布遅延に伴い、
発行日を2017年2月13日に変更させていただきました。

内容紹介

2017年4月からスタートする「地域医療連携推進法人」は、人口減や患者減にあえぐ地方で、医療機関が共倒れせず生き残るための最終手段とも言われています。経営母体が違う医療機関や介護施設が、機能分化や連携を一体的に推進するための制度で、参加法人間で診療科・病床の再編、医師の配置換え、医療機器共同利用、医薬品等共同購入などを一体的に進めると同時に、病床の融通もできるようになります。

本書は昨年発行の第1 版の内容を大幅に刷新、「地域医療連携推進法人」の章を追加し、実際に取り組む各地の事例を豊富に掲載しています。

主な内容

PART1 地域医療連携推進法人

解説 地域医療連携推進法人制度の詳説
コラム 事業承継の観点からみた地域医療連携推進法人制度
ケース編 地域医療連携推進法人の取り組み事例
  1.  1. 日本海総合病院と本間病院(山形)
     2. 金田病院と落合病院(岡山)
     3. 相良病院とにいむら病院(鹿児島)
     4. カレス サッポロと北海道医療大学(北海道)

PART2 新公立病院改革ガイドライン

解説 新公立病院改革ガイドライン詳説
ケース編 公立病院の再編・統合事例

 1. 日本海総合病院(山形)
 2. 魚沼基幹病院(新潟)
 3. 県立柏原病院と柏原赤十字病院(兵庫)
 4. 桑名市総合医療センター(三重)
 5. 舞鶴日赤と舞鶴市民病院(京都)
 6. 豊川市民病院と新城市民病院(愛知)

  • 番外編
    町立太良病院と織田病院の連携(佐賀)
  • 資料編
     地域医療連携推進法人の関連資料
     新公立病院改革ガイドラインの関連資料
     岩手・胆沢医療圏の再編への提案

 

 
上へ戻る
会社案内 個人情報保護法について 著作権/リンクについて お問い合わせ 日経メディカル開発