日経メディカル開発

お問い合わせ

03-6811-8780

書籍
Books

トップページ > 出版 > インクレチン インパクト

インクレチン インパクト

編集主幹:武田 純(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学教授)
本体3,500円+税
ジャンル:臨床、薬学

購入する

 

内容紹介

糖尿病治療薬の中では、最も新しいタイプの薬、インクレチン。インスリンの分泌を強める作用がある消化管ホルモンを分解する酵素を阻害して、インスリンの働きを強めることにより血糖値の改善を目指す薬です。

そのインクレチン(関連薬)の最新情報をわかりやすく解説、症例を提示して臨床に役立つ内容です。

 

目次

Sketch インクレチン インパクト

(山根俊介 稲垣暢也)

はじめに

1 日本人2型糖尿病の疫学 ― 病態の特徴
2 インクレチン関連薬の臨床的意義

Basis インクレチンの基礎と最新研究

(清水辰徳 清水尚子 山田祐一郎)

はじめに

1 インクレチンの分泌・代謝メカニズム
2 インクレチンの膵作用
3 インクレチンの膵外作用

Practical clinic インクレチン関連薬と実臨床

1.インクレチンと食事療法

(矢部大介 岩崎真宏 清野 裕)

はじめに

1 栄養素によるインクレチンの分泌調節
2 DDP-4阻害薬の血糖降下作用と食事療法
2.DPP-4阻害薬の使い方

(堀川幸男 塩谷真由美 廣田卓男 飯塚勝美 諏訪哲也 橋本健一 丹羽啓之 武田 純)

はじめに

1 DPP-4阻害薬の種類と特徴
2 DPP-4阻害薬の膵外作用(インクレチン効果以外)
3 糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬への役割期待
4 DPP-4阻害薬の処方のポイント
5 他の血糖降下薬との併用療法
6 ケーススタディ
3.GLP-1受容体作動薬の使い方(宮川潤一郎 徳田八大 楠 宣樹 美内雅之 勝野朋幸 難波光義)

はじめに

1 GLP-1受容体作動薬を使う前に
2 GLP-1受容体作動薬の種類と特徴
3 GLP-1受容体作動薬の処方のポイント
4 他の血糖降下薬との併用について
5 ケーススタディ

 

商品詳細

発行日

2014年5月30日発行

編集主幹

武田 純(岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学教授)

判型

A5判 144頁

ISBN

978-4-931400-71-9