日経メディカル開発

お問い合わせ

03-6811-8780

書籍
Books

トップページ > 出版 > 外国人介護職への日本語教育法

外国人介護職への日本語教育法

著者:宮崎 里司、中野 玲子、早川 直子、奥村 恵子
本体2,500円+税
ジャンル:医療経営

購入する

本書の紹介と実際の使い方はこちらの動画でご覧いただけます。

電子書籍をさがす

日経メディカル開発の電子書籍

 

内容紹介

介護現場で期待の高まる外国人人材。

「2025年には38万人の介護職が不足する!」
この危機的状況に対応するためには、外国人介護職育成が急務となります。

効果的に日本語教育を行い、早期に戦力化するための実践ガイドが新登場!
著者独自の測定器(ワセダバンドスケール:介護版)と教え方を伝授します。

何から始めたらいいのかわからない、時間がない、ノウハウもない!
初めて外国人介護職に日本語を教える研修・教育担当者必読の一冊です。

 

目次

はじめに

第1章 今、外国人介護職は

  1. 外国人介護職が必要とされる社会背景、働いている仕組み、制度、資格
    「騎馬戦型」から「肩車型」社会に向かう高齢大国日本/東南アジアの高齢化は日本を上回るスピード/外国人労働者と技能実習制度/経済連携協定(EPA)による受け入れ/外国人技能実習制度と介護人材/介護分野で働く外国人が抱える問題とは
    など
  2. 現在はどのように働いているか、どのように日本語が教えられているか
    介護業界にも変化の兆し/外国人介護職を雇う思いとは/日本語コミュニケーション能力の向上は、介護の1丁目1番地
  3. 介護専門の日本語能力を測る必要性とメリット
    研修担当ケアマネジャーの悩み/外国人介護職日本語能力測定基準「ワセダバンドスケール(介護版)」とは/ワセダバンドスケールの目的
  4. 受け入れ介護施設で、初めて日本語を教える人のためのQ&A
    教える人の心得について/いろいろな日本語のバリエーションについて/効果的な学習方法について/介護の日本語の教え方について/日本事情・地域への理解を深める方法について/介護の日本語能力の評価方法について

第2章 こうして教えれば介護現場の“戦力"に育つ

  1. 理想的な日本語教育のフローとは
  2. 日本語能力測定のコツ
  3. 学習計画の立て方
  4. ポートフォリオで学習を振り返る

第3章 外国人介護職のための日本語能力測定基準「ワセダバンドスケール」活用法

  1. 外国人介護職にとって必要な日本語能力を測定する
    介護現場で必要な日本語とは/バンドスケールとは
  2. ワセダバンドスケール(介護版)
    ワセダバンドスケール(介護版)とは/ワセダバンドスケールの対象者/測定段階
    (レベル)と技能/ワセダバンドスケールの測定方法
  3. オリジナルバンドスケールを作る

第4章 介護専門能力を向上させる日本語学習指導法

  1. 語彙編
    業務の名前を覚えましょう/施設内の名称を覚えましょう/利用者の名前を覚えましょう
    業務に関係する職種名を覚えましょう/体の部位を覚えましょう/骨の名称を理解しましょう
    体の症状を表す言葉を理解しましょう/高齢者によくある病気に関する言葉を理解しましょう
    など
  2. 文章編
    介護記録でよく使う言葉を理解しましょう/専門的な言葉と一般的な言葉の違いを知りましょう
    先輩介護職が書いた記録を読んで真似してみましょう/ケアプランに沿って書いてみましょう
    など
  3. 会話編
    (1)利用者と話そう まずは声かけから
    (2)利用者と話そう 会話のキャッチボール
    (3)要求を伝えよう
    (4) 相手の要求に応えて同僚に報告しよう
    (5)問題が起こったら
    コラム 隣の外国人介護職/お互いの立場で考える
    「方言オリジナルリスト」を作成しましょう
  4. 日本語教室の実例
    すみだ日本語教育支援の会主催「外国人介護ヘルパーのための日本語支援教室」(東京都墨田区)
    東京都・首都大学東京・国際医療福祉大学協働実施 アジアと日本の将来を担う看護・介護人材の育成事業「介護福祉士候補者向け学習会」

 

商品詳細

発行日

2017年12月19日発行

著者

宮崎 里司、中野 玲子、早川 直子、奥村 恵子

判型

B5 144ページ

ISBN

978-4-931400-86-3