日経メディカル開発

お問い合わせ

書籍
Books

トップページ > 出版 > 「がんでも歩こう!」キャンサージャーニーを豊かにする運動のすすめ


【好評発売中!】「がんでも歩こう!」キャンサージャーニーを豊かにする運動のすすめ

著者:大島和也、岩瀬哲 ほか著
本体1,600円+税
ジャンル:その他

購入する

 

内容紹介

身体の不調を感じているがん患者さんやその家族に、整形外科的な視点からアドバイスし、がんでもいきいきと楽しく過ごすコツを学ぶための一冊

がん患者さんはさまざまな身体の不調を抱えがちです。つらさや痛さで身体が動きにくくなっても、がんだからといって我慢していませんか?その不調は、本当に我慢が必要でしょうか?すべての不調はがんのせいだと思っていませんか?見方を変えれば、抱えていた痛みが和らいで、よりいきいきと楽しく過ごせるようになるかもしれません。

例えば、強い痛みがある場合、これまではベッドの上で安静にして痛みを和らげることが最大の目標となっていました。しかし最近、がん患者さんの不調の一部は運動器(骨や関節、筋肉、神経など、身体を支えて動かす器官)が原因で、適切な対策を取れば、以前のように動いたり歩いたりできるようになることがわかってきました。

動けることは、人らしく生活していくために必須な機能です。もっと自分らしい生活を送るためには、何ができるようになりたいのか、じっくりと考えてみませんか。具体的な望みを胸にがんと向き合うことは、きっとあなたの力になるはずです。がんを治すこと、痛みをとることに支配されず、がんであっても少しずつでも動けて、少しずつでもいつもの生活ができることの幸せを感じてもらえればと思います。

 

主な内容

 

著者について

ベルランド総合病院リハビリテーション科部長 大島和也 氏
埼玉医科大学病院救急科・緩和医療科教授 岩瀬哲 氏

ロコモチャレンジ! 推進協議会 がんロコモワーキンググループ監修

※帝京大学整形外科病院教授の阿部哲士氏、帝京大学整形外科主任教授の河野博隆氏、国立がんセンター中央病院緩和医療科/ナグモクリニック東京院の金川潤也氏、大阪府済生会富田林病院リハビリテーション科技師長の島﨑寛将氏、大阪国際がんセンター看護部の田平芳子氏と、各分野の専門家にも執筆いただいています。

 

商品詳細

発行日

2020年3月16日発行

著者

大島和也、岩瀬哲 ほか著

判型

A5 184ページ

ISBN

978-4-931400-96-2